七並べは最初に配られたカードが大事

トランプの王道ゲームの中に、
七並べというゲームがありますが、
七並べは最初にトランプが配られた時点でかなり
有利不利があるゲームだと私は思っています。

ブックメーカーとはまた違った
難しさがありますので意外とはまってしまいまう。

というのも、七並べというのは端のカード、
すなわちエースやキングを持っていると、
それだけで圧倒的に不利だからです。

七並べは、自分の手元にあるカードをすべて場に並べるのが目的のゲームですが、
それならば7を中心とした7に近い数字をたくさん持っていたほうが断然有利です。

7に近ければ、パスをすることもほぼないですし、
それどころか自分で意図的にそれらを出さず、
他者を制限することもできるからです。

こういった戦法をとれば、相手は何も身動きがとれなくなってしまい、
パスを重ねることで追い詰めることができます。

ですので、やはり七並べというのはトランプが配られた時点で
ある程度の勝敗は決まっていると私は思います。

ここがブックメーカーに比べて少々興ざめなところなのです。

ただ、場合によっては不利なカードでもその状況をひっくり返すことがありますので、
最後まであきらめないことも七並べには大事だと私は思っています。

ブックメーカーって皆さんしっていますか?
七並べよりも楽しくて素晴らしいものです。
一緒に楽しみませんか?

>>ブックメーカー登録ナビ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ