終盤の大逆転が神経衰弱の醍醐味

私は、トランプの神経衰弱ほど終盤が大事なカードゲームも他にないと思っています。
神経衰弱は、裏返したトランプの中から同じ数字のトランプを当てていくという言わば
記憶力を試されるゲームですが、トランプが減っていく終盤になればなるほど、
1人の人間が一気にあけられるトランプというのは増えていきます。

それは、終盤になるとどんどんトランプの枚数が減ってくるので、
どこに何のカードがあるのかということを忘れにくいということが大きな理由です。

ですので、終盤というのは、
たとえそれまでに大してトランプを取れていなかったとしても、
最後で一気に残りのトランプを取ってしまえば、それで大逆転することもできるのです。

そのためには、終盤で特に集中してトランプの位置を記憶しておかなければなりません。
そして、自分の番になったら自分の記憶力をフル稼働し、自分でトランプを全部取って終わらせてしまうのです。

なかなかそう都合よくはいかないことが多いですが、
神経衰弱にはそういった醍醐味があります。

カジノブラックジャックTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ