中学の頃に流行ったポケモンカード

自分が中学生の頃に友人たちとよくやったカードと言えば、ポケモンカードである。
その当時ゲームボーイでもポケモンをよくやっていたのだが、
ポケモンカードはまだ始めていなかった。しかし友人数人がカードをしていたので、
自分もやってみたいと言うと余っているカードを分けてくれた。

説明書を読んで、友人と何度も対戦をすることで自分なりにルールを把握することができた。
そして自分の好きなカードを買いに行ったりして、自分だけのデッキを作ることにした。
デッキというのはポケモンカードの場合は60枚で1つの組み合わせということである。

大阪の日本橋に行けば、カードを1枚から販売している所もあるし
珍しいカードは非常に高価な値段が付けられている。
そして対戦をしている人たちもいる。

このお店ではないが、少し離れたお店に行った時に初対面の人達と何回か対戦をしたことがある。
友人とは違うスタイルのデッキ、今までと違う戦法で来たのが自分としては新鮮であった。
最近は全くしていなく、自分の部屋の奥で眠っている状態である。

カジノブラックジャックTOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ